両顎手術は単純な美容整形手術ではありません。
骨格性不正咬合の原因である顔骨の不調和を改善して機能的な問題を治療しなければならない複雑で難易度の高い手術です。
しかし、その美的な改善効果だけが知られていて、ただ綺麗になれる美容目的の手術として知っている方も多くいらっしゃいます。
手術後にも良く噛んで食べて、話ができる歯牙と顎、顎関節の機能を考慮しない手術は悲惨な結果を招く可能性があります。

そういう訳で、 健康な手術結果のためには、顔骨、歯牙、顎関節に対する専門的な知識を基盤としなければなりません。
これは歯科大学出身の口腔顎顔面外科でなければ学べない専門分野です。

両顎手術は歯列の咬合と密接な関係があり、顎関節の運動にも大きい影響を与えるので、必ず口腔顎顔面外科と歯科矯正科との緊密な協力のもとに行うべきです。そのため、両顎手術は歯科矯正科専門医との体系的な協診が可能な口腔顎顔面外科で、口腔顎顔面外科専門医に受けるべきです。

両顎手術の始まりは1800年代後半ヨーロッパから始まった顎矯正手術がその基となり、国内では1950年代から口腔顎顔面外科医者により初めて行われるようになりました。
歯医学の発展と共に現在までも口腔顎顔面外科と歯科矯正科を中心に行われ、発展しています。

医科でも内科、皮膚科、小児科、産婦人科等の専門分野が存在するように、歯科にも口腔顎顔面外科、歯科矯正科、補綴科、小児歯科等11個の臨床科が存在します。その中でも口腔顎顔面外科は修練期間の間、顎関節と両顎手術に対する総体的な知識と技術を習得します。

両顎手術は単純に皮膚を切開して骨を切った後に、再度縫合する手術ではありません。上顎と下顎を骨切りした後、歯牙の咬合と顎関節の理想的な位置を考慮して移動させ、固定しなければなりませんし、更に、手術後にも持続的に動いて機能しなければなりません。とても精巧な技術力と歯医学的な専門知識を要する手術です。
これは歯医学基盤の専門教育課程を修了しなかった人はわかる事の出来ない難易度の高い治療法です。

歯牙、咬合、顎関節のように歯科の基本知識は歯科大学を出た人だけが詳細に知ることができ、両顎手術に対する知識は口腔顎顔面外科を専攻する事によって完成できます。
安全な結果を導出できる堅固な技術力とどんな応急状況にでも正確に対処できる充分な経験を重ねあげてからこそ、正しい両顎手術の執刀が可能です。

EU口腔顎顔面外科のキム・ジョンユン院長、シン・ヒジン院長がこれまで、患者様に満足できる結果を差し上げられたのは、このように検証された修練過程を基に手術を執刀してきたからです。
また、専門医過程を終えた後からも、長年間、両顎手術という一つの分野にだけ集中してきた結果として美的にも機能的にも完成度の高い結果を導出する事が出来ました。

院長先生、この病院でも綺麗に手術できますか?

EU口腔顎顔面外科を訪ねてくださる多くの方々からよく聞かれる質問です。
大体の方々は、口腔顎顔面外科で両顎手術を受けると機能的部分は満足できるけど美的な部分は満足できないはずだと思いがちです。 しかし、それは‘偏見’です。

EU口腔顎顔面外科のキム・ジョンユン代表院長、シン・ヒジン代表院長は、 口腔顎顔面外科の専門医として、 絶え間なく患者と向き合い、正しい機能回復のための 多様なケースの顔骨手術を執刀し続けてきました。

顔面骨に関する手術経験や美しい顔を作るための絶え間ない研究の結果、 画一的ではなくて、 患者様個人が持っている機能的問題の改善そして、 個性のある美しさを生かせる口腔顎顔面外科の専門医として認められています。

両顎手術の代表的方法としてはSSRO(下顎枝矢状分割術)とIVRO(下顎枝垂直骨切り術)の二つがあります。
 病院ごとに執刀医の好む手術方法には少しずつ差があるかもしれませんが、
 EU口腔顎顔面外科ではこの二つの方法の全てを使用しています。

 時々、患者の方々がSSROとIVROの中で、どの方法が良いのかと質問されることがあります。
 その度、EU口腔顎顔面外科の答えはいつも同じです。

患者様の症状によって適する手術方法が異なり、
患者本人の症状を一番よく改善することが可能な手術方法が一番いい方法です。

両顎手術と矯正はどうしても切り話せない関係です。
一般的な両顎手術の場合、手術前、最低6ヶ月以上の矯正過程を経て術後にも再び矯正を行い、平均2年の期間がかかります。この様な過程をすべて行ってからこそ完成します。

しかしEU口腔顎顔面外科の先手術は、手術前の矯正をしなくても大丈夫です。
これはEU口腔顎顔面外科のキム・ジョンユン代表院長、シン・ヒジン代表院長の精巧な技術力が裏付けられることによって可能です。  

安定的な先手術を行うためには正確な診断と体系的な手術計画、精巧な技巧システム、 専門医の手術の実力まで全てが整えられていないといけません。

手術経験が少なかったり、実力に自信がなかったら、きっと先手術を打ち出せなかったはずです。
EU口腔顎顔面外科はそれだけ結果に自信があります。

事実、両顎手術は性別とは関係なく、個人の症状と特徴を考慮しながら行われる手術であるため、男性だから女性だからといって、特別に手術法が適用されるわけではありません。

しかし、機能的改善が満足できるようになったという仮定のもとで、
各個人が望むイメージに合わせて手術を行うことはいくらでも可能です。

こういうことは、手術を執刀する専門医の技術力と美的感覚は勿論、 患者様に対する関心と理解が基盤になっていなければならない部分です。
これが、EU口腔顎顔面外科が患者様に ついて絶え間なく関心を持つ理由であり手術に対する患者様の満足度が高い秘訣です。

骨までもきれいになれるEU口腔顎顔面外科

両顎手術は顔骨の位置を矯正して咬合を正しく治す手術です。
 これを通して顔骨のバラツキを整え、歯牙の咬合に合わせて機能を取り戻してくれるのはもちろん、顔型まできれいに改善してくれます。
 両顎手術を執刀する専門医の技術力は、骨の切断面だけを見ても分かります。

多くの患者様が、「EU口腔顎顔面外科で手術を受けると、骨の写真まで綺麗ですね」とおっしゃいます。
それは、顔面骨の構造と機能についての正確な理解に基づいているからこそ、可能なことです。

両顎手術という、大きい手術を決定するまで、どれ程悩み、どれ程大きい負担を背負っているのか、EU口腔顎顔面外科はよく知っています。
そういう訳で、EU口腔顎顔面外科は、これからも十分なカウンセリングと正確な診断を通じて、 安全で正しい手術を行い、健康で綺麗な結果を出すために、絶え間なく努力します。

顔の骨の手術
自信がある理由

EU口腔顎顔面外科は、絶え間ない学術活動とグローバル医術交流及び専門人材養成教育システムなどを通して、顔の骨の分野での立地を固めています。

外国人患者誘致医療機関

EU口腔顎顔面外科は外国人患者誘致医療機関です。

江南区医療観光協力機関

EU口腔顎顔面外科は厳格な審査基準を満たした、江南区医療観光強力期間です。

愛を分かち合うEU

EU口腔顎顔面外科は、
皆さんから受けた愛を、社会の
様々な分野で分かち合いを実践しています。

地域住民と貧しい環境の隣人を助け、分かち合いを実践し、暖かい会、健康で豊かな生活のために努めています。