FAQ

A退院してから一週間後、2週間後、そして二ヵ月後、経過チェックのためにご来院をお願いいたします EU口腔顎顔面外科では、輪郭手術後の早期回復のためにレーザー管理を行っております 。 レーザー管理は2週間、提供されますので、ご来院予約後、利用してください。
A  両顎手術後には基本的に一週間分の処方薬が処方されます。 それだけをよく守って服用されて、特別な問題がなければこれ以上は服用しなくても大丈夫です。
A. 手術後、フェイスバンドと呼ばれている顔のバンドは圧力を加えてむくみを予防する事はもちろん、たるみ予防の役割をします。 2週間までは着用された方が良くて、「25分着用後、5分休息」あるいは「50分着用後、10分休息」してくだされば良いです。 入院中には睡眠時にも着用するべきですが、退院後からは睡眠時には着用しないか、緩く維持しておやすみになってもかまいません。
A  手術初期である2~3日の間は、むくみが最も激しい期間です。 普通、手術一週間後から徐々に浮腫みが取れ始めますが個人差がありえます。 大きいな浮腫みが取れるまでは1ヶ月程度の時間が必要で、3ヶ月程度過ぎれば多くの浮腫みが取れます。
A 手術後、麻酔ガスが体の外に排出される時間が必要です。 また、患者様の状態を持続的に観察しなければならないので、手術直後の睡眠は難しく、4時間後から睡眠が可能です。 手術後一週間はむくみ予防及び呼吸維持のため頭を心臓より高めた状態で寝た方が良いです。
A 手術6~8時間以後からは水の摂取だけは可能で、手術当日には水以外の他の食べ物の摂取は禁じます。 手術翌日からは、重湯のように粒のない液体だけか、飲み物の摂取が可能です。 入院しておられる間には‘ニューケア’というたんぱく質の飲み物を一日に3回ずつ差し上げています。 手術後2週間の間はニューケアとお粥、スープ、イオン飲料、豆乳などの流動食を共に摂取されて、栄養が不足しないようにされた方が良いです。 フルーツジュースは召し上がってもかまいませんが、胃がムカムカする場合があるので注意された方が良く、牛乳は下痢を誘発することがあるので注意した方が良いです。 ですが!!頬骨手術をした場合なら、一カ月くらいは噛まなくても食べられる食べ物を中心とした食事をして下さい。 一ヵ月以降からは柔らかい食べ物を中心として、噛める食べ物を摂取してください。
A 輪郭手術の範囲によって当日退院が可能か、一日入院が必要になる場合があります。 頬骨手術、エラ顎手術、顎先手術など、一部位のみ手術を受けた場合は当日退院が可能ですが、 Vライン、頬骨+ Vラインなど、同時に2部位以上の手術をされる場合は一日入院が必要です。

顔の骨の手術
自信がある理由

EU口腔顎顔面外科は、絶え間ない学術活動とグローバル医術交流及び専門人材養成教育システムなどを通して、 顔の骨の分野での立地を固めています。

外国人患者誘致医療機関

EU口腔顎顔面外科は外国人患者誘致医療機関です。

江南区医療観光協力機関

EU口腔顎顔面外科は厳格な審査基準を満たした、江南区医療観光強力期間です。

愛を分かち合うEU

EU口腔顎顔面外科は、
皆さんから受けた愛を、社会の
様々な分野で分かち合いを実践しています。

地域住民と貧しい環境の隣人を助け、分かち合いを実践し、暖かい社会、健康で豊かな生活のために努めています。